スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
半身浴
2006/06/28
久々にというか全然、美容について話してなかったなぁ~。
カテゴリーに設けてるくせに美容の話は全然だったので、今日は『半身浴』についてお話します☆


エステに行く前に私が行っていた半身浴とエステで教えていただいた半身浴とは全く異なったものだった。以前は、お風呂の湯が腰ぐらいで、やや熱めぐらいで30分ぐらい入ってればいいと思っていた。だけど、ずぅ~っとは継続できずに気づいたら毎日普通にお風呂にはいるのと変わらなくなっていった。その方法は間違っているのか間違っていないのかはわからない。ただ、ダイエットに疲れて持続できなかったのかもしれないし、続けられなかった理由はたくさんあると思う。


キレイになろうと思えば、いくらでもキレイになれると私は信じている。やっぱり、この世に女として生まれてきたならキレイになりたいって思うのは当たり前のことだと思うし…。(男の人でも同じ)自分がコンプレックスの塊だとしてもそのコンプレックスは他人にとっては羨ましいことだったり…。色々と人それぞれ悩みがあると思う。私なんて本当にコンプレックスの塊だし…。だけど、そのコンプレックスの塊の中で自分のキレイを見つけたいと思う。コンプレックスは自分にとって課題。コンプレックスがなければ、きっと頑張ろうっていう気にもおこらなかったと思う。人間、どんな小さな事であっても頑張っている人って魅力的。中には『くだらないことを頑張って…』って思う人もいるかもしれないけど、頑張っている人にとっては、それはすごく大きなことだったりする。だから努力している人を馬鹿にする人は許せない。


だけど、どんなことでも行き詰ったりしてしまう。短いトンネルもあれば長いトンネルもある。光が見えなければ人間、不安になってしまってどうしていいのか分からなくなって歩くのを止めてしまうと思う。歩くのを止めてしまったら、長いトンネルの先に見える光はずぅ~っと見えないまま。苦しくなったら、もがき苦しめばいい。その中に絶対に得るものがあると思うから。


あちゃぁ~、ちょっと熱く語ってしまった…。
まぁ、いいかっ☆私のダイエットはまだまだ続いていくわけだし…。去年の7月の中ごろに本格的ダイエットをスタートした。1年も続いている。自分でもビックリ!コレが最後のダイエットって決めたから…。『コレが最後』って決めたから1年も続いたのかもしれません。ダイエットをやっていくうちに色んな欲が出てきて、考えるだけでワクワクしてきた。あれもしたい!これもしたい!って。なので、自分がおデブちゃんだったことはよかったことだと今は思ってます。今もまだ、おデブちゃんだけどね…。


では、前置きが長くなりましたが、私がエステで教えてもらった『半身浴』のお話。


まずは『半身浴』の必要性から…


セルライトがあったり、血液リンパの循環が悪かったりすると、1日にいらない物(老廃物)が溜まりすぎたり、冷えがひどくなったりする為、『半身浴』よって毎日の中で少しずつでも改善さしていく。


①水圧を利用することで下に溜まった老廃物や血液を上半身へ送り込んで手助けをしてくれる。
②上半身までの入浴をしないことで汗の出る入口を開けておく。

*新陳代謝の働きが悪い人が全身欲をしてしまうと身体に負担をかけすぎてしまうので注意*


☆入浴法☆~セルライトが取れやすくなる!~
温度は38度~40度ぐらいで…。

入浴(15分)⇒冷水(2分・太もも~足先)⇒入浴(15分)⇒冷水(2分・太もも~足先)⇒入浴(10~15分)⇒冷水軽く(膝下~足先)⇒おわり


↑をノンストップでやってください。
途中で頭を洗ったり、身体を洗ったりなどして時間をかけないこと。また、冷水は夏場の水温ぐらいでしないと冬は冷えすぎてしまうので効果が半減してしまうので注意!


半身浴をするだけで、私は肌の調子がよくなりました☆
半身浴は色んなことに効果を発揮してくれるので頼もしい!!一度試してみてはいかがでしょうか?まぁ、時間はかかるけどね…。
スポンサーサイト

テーマ:「あるある」のダイエット☆ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

この記事のURL | 美容/ダイエット/健康 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
家族の存在。自分の存在。
2006/06/27
リリーさんの本を読んで、家族の存在、自分の存在というものを考えた。


私の母は決して人前で涙を見せない。強い女、強い母親を演じている。
そのせいか近頃素直じゃない。素直じゃないのは前からだけど、以前にも増して素直じゃなくなった。これは歳を取ってきたから、素直になれないのかもしれない。


本当の母の姿。
本当は人一倍寂しがり屋で涙もろい人。


最近、母を母としてではなく一人の人、一人の女性として見るようになってきた様な気がする。いつまでも私の母であることには変わりはないけれど、なんだろう…二十歳を過ぎてから、対等ではないけれどどこか対等のような関係になりつつある。


小学校の頃は母よりも父と行動をとってきた私。
母よりも父派。というのも姉が母にベッタリだったからかもしれない。私は小さい頃から姉が苦手だった。5歳も離れているので喧嘩すると必ずといっていいほど泣かされた。その光景を見ていたならば、普通なら母は妹を泣かしている姉をしかるだろう。でも、私の母は私をよくしかった。だからか、母といるのはあまり好きじゃなかった。そこにはいつも姉もいたから…。そして、必ずといっていいほど、父は私の味方をしてくれた。そういった具合でバランスが取れていたのかも…。もしコレが両方、どちらかの味方であればバランスは保たれない。


大人になって、姉も私も父と母、わけ隔たりもなく一緒にいれるようになった。私は母と出かける時間が増えた。今まで一緒に出かけなかった分、出かけるようになった。姉は姉で父と一緒に出かけるようになった。


私の家は客観的に見て家は広い方。上には上がいるけれども、大きい家といわれる。小さいとき『金持ち』やらなんやら言われるのが嫌だった。私にとってはただの家で、大きかろうが小さかろうが私の家にはかわりがない。どうして、家について言われるのがわからなかった。次第に家を人に教えるのが嫌になった。


今になって私は自分の家を人に紹介するのが嫌になったことを恥じる。この家は父そのものだから。父、そのものを否定していることになるから…。父は一生懸命働いて今の家を建てた。家族で一番この家を愛しているし、世話しているのも父。その父の尊重を無視した自分が恥ずかしい。『今ではここが私の育った家です。』って言える。私は私だから…。それに結局どれだけ家が広くてもいつも、人がいる場所って決まってる。そこに集まって同じ事をしているってとても幸せ。


母は必ず私が長期の旅行から帰ってきたら、聞かずとも作ってくれるものがある。それを食べないと私も家に帰ってきた気がしない。それは『たまごやき』母の玉子焼きは宇宙一だと思う。私がどう頑張って作っても母みたいな味にはならない。相棒に一度作ったことがあって、「美味しい」といって褒めてくれたけど、母の味には到底及ばない…。アナタのおふくろの味は何ですか?と聞かれれば、即答で『たまごやき』と答える。


姉は人一倍、気を遣う事が出来る人。そして、人の世話も人一倍する。私が生まれたときから姉は何かと私に色々としてきてくれたと思う。私に姪っ子が生まれて母が言った。「ヒロコが小さかった頃はおねえちゃんがよく見てくれててんで…」と…。私は小さい頃、姉の真似ばかりしていた。姉が学校の宿題をして勉強しているのが羨ましくて、嫌な顔、一つせずに私に宿題を出してくれた。ひらがなやカタカナを教えてくれて、丁寧に練習帳まで作ってくれて、それが宿題で…。姉と一緒のことをするのが嬉しかった。今、考えれば、姉は習い事などで忙しかったはずなのに、私の相手をしてくれた。感謝。


姉が中学に入るとさすがに反抗期に入り、私が中学の頃、姉の存在も疎ましく思った様に彼女も私を疎ましく思ったと思う。遊ぶ事は減り、まだ小さかった私は、まだまだ姉にかまってほしかった…。かまいに行くと邪険に扱われ、次第に姉との距離が大きくなっていった。姉が反抗期を終え、今度は私が反抗期。姉は私のことをかわいがってくれようとするけど、私は一人でいる時間がほしくてかまわれるのが嫌だった。そんなことからよく姉の反抗期時代から私の反抗期時代は喧嘩が耐えなかった。(笑)


私の反抗期が薄らいでいくとともに姉とよくでかけるようになった。姉に彼氏が出来て、3人で出かけたり。色々と遊びにつれていってくれた。彼氏が出来るたびに、色々連れまわしてくれた。私は昔から何故か対等でいたいと思っていた。日本は縦社会。でも私は何故か横社会。いいのか悪いのか…。だから偉そうってよく姉に言われた。仕方がない。考え方が違うから。姉の彼氏は姉の彼氏ではなく、私の友達になる。そんな姉も結婚した。旦那さんと私の関係は義兄ではなく、やっぱり友達。そして姪っ子が生まれた。姪っ子は私に安らぎをくれる。私は昔、姉がしてくれた事を姪っ子にしてあげたい。


私を育ててくれた家族に私は何を返せるだろう。。。。
私の中で葛藤がある。私のしたいことと両親の望むことが違うから…。きっと両親は私が幸せならそれでいいというと思う。確かにそう思っていると思うけれど、本当の心の奥底ではそれとは反対のことを願っているに違いない。だから葛藤が生まれる。私は私が出来る限りの中で何か家族に返していけたらいいなと思う。
この記事のURL | 家族/友達/大事な人 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
リリー・フランキー 『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』
2006/06/27
リリー・フランキーさんが書かれた『東京タワー』を読み終えた。





最後は、切なく悲しいストーリーだった。
リリーさんの幼少の頃の話はインパクトはあるものの自分とかけ離れているので読み辛かった。最後、リリーさんが大人になってからのストーリーになると自分と重ね合わせているのか、自分まで切なくなって、涙がこぼれた。


自分の存在。


自分の周りの人達。


家族。


日々の毎日。


自分は何をして生きているか?


このままでいいのか?


正直に生きているか?


命の時間。


一つのことで自分の人生について考えさせられ、人との関わり、人の気持ちや痛みなどを考えさせられた。


この本に載っていた2つの詩。
この詩を読んで涙が出た。考えさせられた。


一つは相田みつをさんの詩。
これは以前から私も好きだった。


相田みつを『ただいるだけで』

あなたがそこに
ただいるだけで
その場の空気が
あかるくなる
あなたがそこに
いるだけで
みんなのこころが
やすらく
そんな
あなたにわたしも
なりたい



2つ目の詩。
今まで考えもしなかった。
葉祥明さんが書いた


葉祥明『母親というものは』
母親というのは無欲なものです
我が子がどんなに偉くなるよりも
どんなにお金持ちになるよりも
毎日元気でいてくれる事を
心の底から願います
どんなに高価な贈り物より
我が子の優しいひとことで
十分過ぎるほど倖せになれる
母親というものは
実に本当に無欲なものです
だから母親を泣かすのは
この世で一番いけないことなのです
余談ですが…
この記事のURL | 映画/音楽/芸能関係/本 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マッサージ・バイブル
2006/06/25
一昨日、『ビューティーBLOG IN FRANCE☆』で紹介されていたマッサージバイブルという本を購入した。





↑の本、今日届いた☆
あまり、時間がなかったのでパラッとしかみてないけど、バイブルってる☆明日からじっくり読みたいと思う。今、マッサージなどに興味を持っている私には最高の本だといえる。明日から勉強だぁ~!外国の人が描かれた本を訳されて出版されているわけで、中身がすごい…日本じゃありえない。


普通、日本のマッサージ系の本って服を着てマッサージの仕方について書かれているけれども、この本はヌード。でも、全然いやらしくない。なんでだろうね…。これが日本人がモデルだったらいやらしいのかなぁ~!?なんてくだらんことを考えたり…。


今日は、とりあえず、セルフマッサージについてだけお勉強☆
また、このセルフマッサージについては後日報告したいと思います☆
この記事のURL | 映画/音楽/芸能関係/本 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アンパンマン仲良くサブマリン☆
2006/06/25
今日、姪っ子にお風呂で遊べるアンパンマンのおもちゃを購入。
何でも、アンパンマンの首を回して離すとアンパンマン達が進むみたい…。





早速、お風呂でチャレンジ!!
アンパンマンの頭を回しても、ボートの足が回らない…。
壊れている様子…(凹)
仕方ない…。明日、取り替えてもらおう…。


だけど、このアンパンマン、ぷかぷか浮かんでるだけでカワイイ☆
この記事のURL | 家族/友達/大事な人 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Is it too hot??
2006/06/23
職場での話。
今の季節は6月。6月といえば、そう梅雨…。
ジメジメして鬱陶しいと思われている時期。


朝、誰かが早くに来て、クーラーをつけてくれているので、仕事場の部屋に入ると涼しい…。コレには感謝☆


でも、入ってまもなくすると今度は寒くなってくる。
何度になっているんだろうと思い、電源のところを見に行くと…24度…。私の中ではありえない…。梅雨に入る前までは朝、温度を見ると25度。クールビズを来て部屋の温度を28度にしましょうという時代。メンテナンスや場所、クーラー機によっては多少変わって暑くなったりするので28度っていう温度は高いか普通かはそれぞれだけど、私の部屋のエアコンは頑張って働いて普通に働いてくれている。むしろ、クーラー機の頑張りようはワールドカップで戦っている選手並み。それの24度って…。今日は気温はそんなに高くない。むしむしはするけど、気温が低いおかげで不快感はない。


健康の話をすると、冷えは万病の元って言われてる。
大抵の病気は冷えから来る。肥満だって冷えからくる。


温度を下げる人は決まっている。
その人の格好。長袖のシャツ。(最近、半袖シャツの場合もあり)また、その長袖のシャツの生地は厚みがある。その人は男の人なんだけど、男の人は女の人よりも代謝がいい。代謝がいいから暑いと感じやすいのも理解できる。けれど、男の人は何故か長袖を着ている人が多い。まずは、自分の格好から考えて欲しい。


こんな状態で夏を迎えたらどうなるんだろう…。
その人のことだ、20度とか平気で設定しそう…。
おそろしや。。。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ULTRA BLUE
2006/06/22



この前の日曜日にタワレコで宇多田ヒカルのNEW Album『ULTRA BLUE』を購入した。早速、Myメモリーウォークマンに放り込み通勤時間に聴いている。


私は彼女の感覚が好き☆矛盾が矛盾でない。
『最初はあんまり好きじゃないなぁ~、この曲』なんて思うことが多いんだけど、聴いていくとなんか結局はまってるんです。私も矛盾。本来、矛盾だらけなのかもねぇ~。


SAMURAI BLUE!!
ULTRA BLUE!!


最近、青が流行っているの???
余談ですが…
この記事のURL | 映画/音楽/芸能関係/本 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
記録更新!
2006/06/21
本当にどうでもイイコトなんですが、
PCに入っているゲームのマインスイーパの上級編の記録を更新!



145秒⇒130秒と大幅に記録更新!!



ちょっと、暗い人って思われたかなぁ~!?
ただ、マインスイーパが好きなんですワタシ。。。(・ω・)


この記録がすごいかどうかなんて知らないけど、
ただ記録更新が嬉しくて。。。ってちょっとキモイ…


まぁ、嬉しい出来事の一部。最近のねっ。。。
最近嬉しい出来事が少なくてね。。。
何も冒険していないからというのもあるかもしれないけど。。。
冒険したいなぁ~。。。
この記事のURL | 感動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
佐賀のがばいばあちゃん[映画版]
2006/06/17



****************************************************************


多忙な一日だった。。。
朝から難波に出かけ、帰ってきてから英会話。英会話から帰ってから晩御飯を食べ、母を連れて映画館へ…。そう、以前に紹介した佐賀のがばいばあちゃんの映画版を見に行った。母は映画を基本的というか全くといっていいほど見ない人。母が見る映画といえば、TVで放送されているものばかり。しかも決まっている。石原裕次郎か虎さんシリーズ、あとは釣りバカシリーズ。母が映画館に行く姿を一度も見たことがない。小さい頃、夏休みになると『ドラえもん!』の映画を見に連れていってくれた。でも母は映画を見ず、私を置いて家に帰り、時間になるとまた迎えに来るといった感じだった。私は子供ながらに母は忙しいんだなぁ~と思っていたけれども、今回、謎が解明された。


「母にどうして映画を見に行かないの?」との質問に、
母は「映画館に行くと頭が痛くなってしまうから…」と私にはよくわからない理由。彼女曰く、暗い部屋+大画面の場所で長時間いてると頭痛がするのだとか…。そんな母と今回初めて映画を見にいけたのはすごく嬉しかった。


母はB&Bが好きで、島田洋七の話が好きなんだとか。。。そして映画館で映画を観ない母が珍しく、この「佐賀のがばいばあちゃん」の映画は観たい観たいと前々から言っていた。奈良県ではやっていないと思っていたんだけど、調べたらMOVIX橿原で上映されていた。そのことを母に伝えると、張り切って「見に行こう!」となり、今日になった。20:00~だったんだけど、ナイトショーで1200円で観ることが出来た。


内容は私は本を読んで分かっていたので、私としては本の方が面白いと感じた。想像できるしね。本を読んでいない人は素直に受け入れられると思うので面白いと思う。私の母は隣でゲラゲラ笑っていた。


映画のエンディングで驚いたのが、この映画を作るに当たって、多くの人が寄付をしているということ。きっと、佐賀の人達が多いんだと思うけれど、その数が半端じゃない。それを見た時、それだけ「佐賀のがばいばあちゃん」は愛されているんだと感じた。もう少し予算があれば、私が本を読んで見たかった場面が多々あったので、長編にしてほしかった。長時間みていても楽しかった。この映画はカンヌにも出品されたらよかったのに。。。。色々、考えさせられることがあるから…。人って一つ便利になるにつれて、一つ大切な何かを忘れていくよね…。私はこの映画をみて、母や父が生きた子供の頃の時代を見てみたいと思った。ビルも何もない時代に…。映画やドラマで母や父の子供の頃の時代のことを描写していたりするけれど、今と全然違いすぎて…。一度、母や父の子供の頃の時代にタイムスリップしてみたいなぁ~。


Castについては『Read More』
余談ですが…
この記事のURL | 映画/音楽/芸能関係/本 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オニオンスープ
2006/06/16
風邪気味なので、オニオンスープを作った。
中々美味しかった。
オニオンには解毒作用などもあるので、ダイエットにもいい!


このオニオンスープ。
簡単にできちゃう!


①オニオンを適当に切る(⇒適当が大好き☆)
②鶏肉(もも肉)とオニオンをいためる。
③鍋に水を加えて15分ぐらい煮る。
④胡椒で味を調えて出来上がり☆


風邪気味にはオニオンスープ!!
この記事のURL | Restaurant/Food | CM(0) | TB(0) | ▲ top
頑張りました。
2006/06/13
「いやぁ~、今日は頑張ったよ」


『何に…???』


「お母さんがチケット持ってていけなかった、阪神x日本ハムの試合が振り替えになるっていうんで、教えてあげたら、是非行きたいって」


『そうなの?』


「うん。今日10時から発売する事を教えたら、電話番号教えてって…普段、絶対そういうことしないのに、命かけて取ろうとしてるのを見たら応援したくなって…」


『それでどうしたの?』


「10時になって、母は電話をかけまくったらしい。だけど混みあっててかからなかったみたい。で、根性でかける!ってメールがきて。。。私は会社からネットで頑張ってアクセスしたんだけどさぁ~、これまた混みあってて…。で、携帯だぁ~と思って携帯で取ったわけよ…チケット…。会員登録はしてたんだけど、チケットを購入したことがなくて、さっぱりわからなくて、大変だった…」


『どう大変だったの?』


「それがね、色々といるみたいで…。まずはカード番号を登録していないといけなかったらしく、私はしてなくて、登録したのよ…。ただでさえ、10時まわってるのに、そんなことされて…。やっとの思いで、登録が完了してチケット購入の画面にたどりついたの。でも、案外簡単にチケットが購入できた☆」


『お母さんには伝えたの?』


「うん、伝えたよ☆ハイテンションで喜んでくれてた」


『よかったねっ☆』


「うん、ありがとう。お母さん、阪神も好きだけど、新庄くんもすきなの。新庄、今シーズンで最後だから生で見たいみたい。よかった☆」
この記事のURL | 家族/友達/大事な人 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ワールドカップ(日本xオーストラリア)
2006/06/12
日本、負けたね…。
一生懸命応援してたんだけどなぁ~。
あぁ~悔しい!!まぁ、Playとかしてる人の方がもっと悔しいんだろうけど、でも、やっぱり悔しい。中村がゴールを入れたあのボール。すごいテクニックだわ。。。素人なのでわからないけど、あれはシュートをしたのか?それとも高原がいるからボールをあげただけなのか。あのふわっとしたボール。ゴールに入った。テクニックだねぇ~。

次のクロアチア戦に期待!


余談:母が中田英のことを中田なのに『田中』って読んだ…。
恐るべし!母!!ヒデぐらい皆知ってるのに。。。。
ただ逆といってもねぇ~。そんな間違いするかぁ~?
この記事のURL | NEWS | CM(0) | TB(0) | ▲ top
気になるチェック!
2006/06/08
最近のNEWSと言えば。。。


秋田県の事件。。。


エレベーター事故。。。


村上ファンド。。。


防火シャッター事故。。。


ワールドカップ。。。


この5つのNEWSで番組が成り立つ。
この中の1つのエレベーターの事件。


私はエレベーターを使用する時、飛行機と同じような感覚で信用して乗ってる。その信用しているエレベーターで事故が起きた。すごく怖い。シンドラー社のエレベーター。


この会社は世界2位のシェア。
そんな大きなシェアを広げている。やっぱり、シェアの大きさって信頼と結びつく。多く使われているから安心だろうって。


事故は起きてしまった。
起きてしまったものは、どうあがこうと変わらない。
どう対処するべきか。。。


その会社の役人が記者会見を開いた。
『社会に対して誠意ある対応をしていきたい』と述べた。


誠意ある対応!?


全然、誠意なんてない。
一番上のトップが普通は記者会見を行うものではないのか?
住人説明会にもトップが足を運ぶべきではないのか?
そういう事をしないで、どこが誠意があるの?
外国の会社かしらないけど、ここは日本。
そのやり方が外国流なのかもしれない。
でも、ここは日本なんだから日本流に対処しなきゃ、
納得なんてできっこないよ。。。
この記事のURL | NEWS | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Psychologic Trauma
2006/06/08
誰にでもトラウマってあるよね…。
トラウマってすごく辛い…。
つい最近、トラウマというかなんというか孤独を感じたことがあった。自分がすごく浮いてて、見下されてるように感じたり…小さい頃、イジメというイジメを受けてきたわけではないけど、ケンカ上のイジメにあったことがあって、仲間はずれになったことがある。その時の孤独感は忘れられない。以後、事ある毎に感じるようになったこと。『自分は仲間はずれにされているんじゃないか?』って。


ずぅ~っと遠い記憶なんだけど、人間って覚えてるんだよね。嬉しい事よりも辛い事を。嬉しい事って大概、誰かとその時分かち合ってたりするもの。辛い事って誰かと分かち合うことはまずない。相談にのってもらったりっていうのはあるけど、結局のところは辛いところから脱出するのは自分次第なわけで。その手伝いをしてくれる人はいても、自分自身の問題。てなわけで、すごくプライベートな部分であったりする。


皆それぞれ形が違ってても孤独というものを持ってて…
孤独って辛い。辛い孤独が居心地のいい孤独に変われば一歩先に進めてるんだと思う。孤独を孤独と捕らえても自然体でありたい。自然体でいたら寂しい孤独が居心地のいい孤独に変わる気がする。



ちょっとハチャメチャなこといってるか…??



話を戻しまして、トラウマの話。
小さいときの経験から、自分が仲間はずれにされてるんではないかと感じた瞬間、すごい孤独感に私は襲われる。仲間はずれにされてる=嫌われてるみたいな構図が頭の中にあって、それは私の勝手な憶測にしかすぎないんだけど。その構図がでてくると止めどなくマイナスゾーンへまっしぐら。マイナスゾーンっていうのは蟻地獄のような場所で一回入ると中々出られない。そのゾーンに入るとマイナスのことを順繰り順繰り言ってて頭がパンクしそうになり、プラスになろうとしてる自分をも引きずり込む。結果、その蟻地獄にはプラスの自分とマイナスの自分が交差して、結果矛盾だらけの回答ばかり言い合いしてる私達を魔王が笑ってみてる…。


どうしようと思った時に相談する人達が私にはいて、私にとっては教祖。その人と話をしているとスピリチュアル的な感覚があって、自分の心を一気に浄化してくれる。その人に話すまでは結構勇気がいったり、変に気を遣う自分がいて(マイナスの時は本当に変な気を遣ってしまう。)忙しいから無理だろうなぁ~とか、こんな暗い話をして嫌われるんじゃないかとか私のイメージが崩れるんじゃないかとか色々と考えてしまう。私の悪い癖。『勝手な憶測をする』


話してしまうと何てことないのに…


私の心を浄化してくれる人達が側にいて私は嬉しく思うし、幸せだと思う。その人が言った、『一人でも分かってもらえる人がいれば大丈夫』だと…。全くその通りだ…。


何も人と比べる必要はない。『どうして、自分は○○なんだ…』よりも『自分だって○○なところがあるんだぞ!』って言える方が素敵。背伸びせずに等身大の自分で常にいること=自然体でいること=素直であることって事をその教祖的存在の人達からいつも学ぶ。彼女らは決して背伸びをしない。私の知らないところでは背伸びをしてるのかもしれないけれど、少なくとも私と話をするときはいつも自然体。自然体でいることがどんなに難しくて、大事かという事を教えてくれる。


自然体でいる人って輝いて見える。


私をプラスにする自然体の人もいれば、マイナスにする自然体の人もいる。マイナスにする自然体の人っていうのは私にとってマイナスでは決してない。羨んでる結果。(決して嫉んでませんよ!)自分の欠点に気づかせてくれる人。その人が私を孤独にさせるけれど、自分に与えてくれてる試練なんだと思う。そうは思っててもマイナスゾーンの時はそうは考えられないんだけどね…(汗)やっぱり、自分の欠点って普段、分からないぶん、突きつけられると辛い部分だよね。知りたくない部分…センシティブな部分。物はなんでも考えよう。。。


今回、私を孤独にした人っていうのは私にとっては私をマイナスにする自然体の人なのね…。その人に会うと何故か、いつもそんな風な感覚に陥る。羨ましく思ってて、自分もそういう意味ではそんな風になりたいって思ってて。対等になりたくて…。きっと今度その人に会う時、また孤独を感じるだろう。その人が8合目にいて私は3合目いる。ゆっくり頂上を目指していつかは一緒の場所の10合目で落ち合えたらそれでいい。焦ることはない。私は私のキレイをみつけられたらそれでいい。


心と頭はアンバランス。まだアンバランスで不安が残っている。多分、また同じ悩みを抱えるかもしれない。また私の教祖的存在の人が必要となるかもしれない。同じところでつまづいたりして…だけど、今回より立ち直るのは早いと思う。


私をプラスにする人、マイナスにする人、皆が居てくれて嬉しく思う。
ありがとう。。。
この記事のURL | thought | CM(0) | TB(0) | ▲ top
It's broken??
2006/06/07
今朝から大変だった。
あともう少しで大寝坊するとこだった…。携帯のせい…。


前の携帯はマナーにして寝てても、目覚ましは音で鳴らしてくれてたんだけど、この携帯に変えてからマナーにして寝ると目覚ましもマナーで鳴る=バイブだけ…。バイブだけでも、起きれるんだけど起きれなかったら困るから、目覚ましは音を鳴らして欲しい…。


なので、今まで使用したことがなかった機能をこの携帯から使用しだした。自動電源/ONとOFF。自動電源は目覚ましの5分前。自動電源ONの時点で音が鳴るんだけど、一応5分後に目覚ましをセット。合計2回鳴るように設定している。


↑が普段の様子。


火曜日に実は水没被害にあった…。携帯さん、ごめんなさい。皆さん知ってるかなっ!?携帯の後ろのバッテリーをはずすと小さい穴にピンクの水玉があるの。水没した場合、そのピンクの水玉がピンク一色になる…。水没して何食わぬ顔をしてショップに持っていって嘘をついてもだめ…。その穴で水没しているかしていないか店員はお見通しなので、こういう場合は無駄な抵抗はやめましょう…。


話は戻って、私の携帯は水没被害にあったけど、すぐに拾い上げたせいか電源をすぐに切り、バッテリーをはずした。その穴をみるとまだピンクのかわいい水玉。ちょっと一安心。バッテリーもぬれてなかったし、異常なかった。一応、ドライヤーをかけておいた。


昨日も携帯の異常は見られなく、電源を切って就寝…。


今朝、父の足音で目が覚める…。我が家では平日は私が一番に起きる。焦った…。携帯をあけると真っ暗??『なんで、携帯が真っ暗なの?まだ時間は早いのか?』と疑問にかられながら、携帯電源ON!!つ、か、な、い………。昨日寝るときは充電は2個あったから、充電が無くなったってことはないはず!!携帯こわれたのなぁ~!?それより、今、何時??急いで階段を降り、台所の時計を見たら6時半…10分の寝坊ですんだ。とりあえず、仕事は遅刻しなくて済みそう…。ほっ。。。


『携帯、どっすべかなぁ~??』
『一度、充電してみるか…Let's Try!!』


・充電して充電ランプ点灯!いけるぞっ!


・電源つける…


・うっ、つかない…(T▽T) _| ̄|○ ガクッ…


・壊れたか!?それより、携帯のデーターどうしよう。。。(T▽T)


・えい!もう一度チャレンジ!!


・おっ、奇跡だぁ~!電源ついたぁ~!(T▽T)



・でも、油断はできない…。しばらくは様子を見ようとするか…。その前にデーターを移し変えておかなければ…これはショップにもっていけばしてくれるのかなぁ~!?


とりあえず、携帯は今のところ生きてます。
頼むよ!携帯ちゃん!壊れないで頂戴☆
今後はもっと大事に使うので…お願い!
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
懐かしい感覚
2006/06/06
会う度に月1会をしようと言うけれど、中々実行できない私達…。
面倒くさがり屋ばかり??


メールや電話など連絡をとらなくても、会うとずっと会っていない感覚はない。久しぶりだけど、月日が経ってる割には久しぶりという感覚がない。


今日は中学以来(高校のときにちょこっと会ったけど…)会っていないIちゃんも参加。今日のメンバーは5人。Iちゃんは全然変わってなくて相変わらず楽しい人。会っていないのに普通に話せる。不思議…。話は全然つきずにあっという間に時間がたった。残りのメンバーのMはハワイに行っていたみたいで日焼けしていた。KとTちゃんは変わりない。Tちゃんがジムに通いだして、Kと同じジムなので行くとたまに会うそう。


ジムかぁ~。いいなぁ~。私もジムに行きたいけど、最初は頑張って行くんだけど中々長続きしない…。家ですることが多くて、ジムにまで手が回らない状態。


Tちゃんを帰り、家まで送って行く時に旅行に行きたいなぁ~っていう話に…。皆で旅行に行きたいなぁ~なんて思うわけですが、まとまりのない私達は果たして、月1会を続けることは出来るのでしょうか???謎…。一応、次の日程は定めた。でも、幹事が決まらない。。。果たしてどうなるのでしょうか?


余談:
6月に入っていたのに、恒例のテンプレートを変えるのを忘れていた。今回はちょっと夏っぽくなってきたので、夏っぽいものに…。一番したにいるブタさん可愛くない☆!?
この記事のURL | 家族/友達/大事な人 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
芸能人占い
2006/06/06
友達のhitomi*ちゃん芸能人占いというものをしていたので私もしてみよう!


芸能人占いはこちら


皆さんもやって、報告してください☆


私の結果は深田恭子。。。
当たってるんだか当たってないんだか分からない…(爆)
私の結果はRead Moreへ…あってると思う??

余談ですが…
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1st Birthday
2006/06/05
昨日も言った通り、今日は姪っ子の1歳の誕生日。


仕事を休み、今日はかなり姪っ子と遊んだ。
柔らかい布で出来たボールを投げあったり、一緒にお菓子を食べたり、お使いに行ったり、本を読んだりした。最近では普通に歩くようになり、一週間ほど前までは歩いてこけたら、ハイハイに切り替えていたのに今では立ってまた歩くようになった。子供の成長が著しく早い…。だけど、早く何かに追いつこうとするときはハイハイだけど…。


昨日、誕生日会をしたので今日は誕生日会というのはしなかったけれど、姉と母と私と姪っ子でご飯を食べにいった。生まれたときは自分でご飯を食べれなかったのに、今では自分でご飯を食べようとする。彼女の好物はうどん。お皿にうどんをのせてあげると、自分でつまんで口に運ぶ。また、つまみ方がカワイイ!!


一体どんな子に育つのかなぁ~??
この記事のURL | 家族/友達/大事な人 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
誕生日会☆
2006/06/04
早いもので姪っ子が生まれてから明日で1年。
今日は家族で姪っ子の誕生日会をした。誕生日会といっても、手の込んだことをしたわけじゃない。晩御飯を皆で食べて、ロウソクをケーキにさして歌を歌い、プレゼントを揚げた。私は昨日にプレゼントを渡していたので、私の両親がプレゼントを揚げていた。


私の両親からはブルガリのリング。
なんとも豪華な品…。姉夫婦のエンゲージリングがブルガリ。なので、一緒のものをプレゼントした。1歳にして、貴金属や化粧に興味がある彼女は、ブルガリのリングを見るとニヤリと笑い、手にした。とてもご機嫌。自分のものと分かっている様子。恐るべし!姪っ子…。なくしてはいけないので、姉のつけているシルバーのリングと交換すると、最初はそのシルバーリングも興味を持ってみていたが、すぐに興味がなくなり、ポイッ!とほって、自分のブルガリのリングを探していた。




1歳なのに分かるのか???
すごく疑問…。





高価なリング、シルバーリング、ピカピカ光っているリングなどを並べ、姪っ子に取らせたらどうなるのだろう…?何をおきに召すのだろうか…?実験をしてみたい…。


一年、健康に健やかに育ってくれたので、これからも元気よくすくすくと育ってもらいたい☆
この記事のURL | 家族/友達/大事な人 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
買い物。
2006/06/03
今日は朝から難波に買い物に出かけた。
というのも明後日、姪っ子の誕生日だから…。
何を買おうがすごく悩んだ。


昼過ぎに母から連絡があり、母も難波にくるということで合流した。
母は何をしようか候補があるらしく、一つ目の候補は子供服ブランドのファミリアのリュック。二つ目の候補がブルガリ。高島屋に行き、まずはブルガリへ…。


ブルガリに行き、椅子に座って物色した。
母は大体決めていたので、結構早く決まった様子。。。ネクレスのトップにつけるものかブルガリのリングにするか悩んでいた。悩んでいたのもつかの間で、こっちにすると言ってブルガリのリングを早々と決めていた。決断力がある母。決断力がない私…決断力がある姉。決断力が無い父…。あぁ~、どうして決断力がある母に似なかったのだろう…。


ブルガリのリングの一番小さいものが4号で、それをプレゼントすることにした。そのリングは姉夫婦のエンゲージリングと同じなので母はそれに決めたようだ。中に文字を彫ってもらうには3週間かかるということなので、後日持ってくることにした。


後、母は首からかけるチェーンを購入。


結局、母はファミリアは見ずに即決してリングを購入したので私がファミリアで何かプレゼントしようと思い、ファミリアへ。


いい天気で土曜日ということもあり、すごく混んでいて店員さんが見つからない。母はめぼしをつけていたリュックが候補にあがっていたけれど、私はお金がないので申し訳ないがリュックは買うことができない…。なんとか忙しい中、店員さんを止めて鞄のカタログを見せてもらった。


カワイイなぁ~と思ったやつは、売り切れでなかった。姉も姪っ子の鞄が欲しいと言っていたのを思い出して、それを購入しようと思ったが、どれか分からない…。私はカタログにあった鞄に一目惚れをしたので、どうしてもそれをプレゼントしたかった。値段はファミリアではかなり安い…。値段の問題ではなく、自分がいいと思ったものをプレゼントしたかった。高島屋にはなかったので、次は阿部の近鉄に行った。


阿部の近鉄に行った頃はもう夜だったので、中はすいていた。あるかどうか心配しながら行くと、私がかわいいと思っていた鞄を発見!!即決!!それだけだと何だか寂しいので、離乳食も始まり、今度は自分でご飯を食べる練習になるので、前掛けを購入した。少し笑えるのが、鞄よりも前掛けの方が価格が高い…。面白い。前掛けも何枚かある中ですぐに決まった。


帰りに、姉から連絡があり、駅まで迎えにきてくれることに…。姪っ子が誕生日の日、予定が入るかもしれなくてあやふやなので、帰りに姉のマンションによって、姪っ子にプレゼントした。姉が姪っ子の変わりに袋を開けると、どうやら私があげた鞄は姉も欲しがっていた鞄だったらしく、すごく喜んでもらえた。姪っ子もすかさず、姉のところに行き、鞄を奪い取っていた。自分のものということがわかっているのでしょうか?前掛けも気に入ってくれたみたいで、よかった☆


何かをプレゼントするって素敵な事。
その人が喜んでくれることを想像して選ぶ。自分の感性と相手の感性とを尊重しあって選ぶ。前まではプレゼントすることは好きだったけど、何を選んでいいのか分からなかった。けれど、最近プレゼントをする機会が増え、選ぶのが苦痛じゃなくなった。少しは苦痛というかプレッシャーがあるけれど、喜んでもらえた顔をみるとこっちまで嬉しく感じる。それが何とも言えない。
この記事のURL | 旅行/お出掛け | CM(0) | TB(0) | ▲ top
始まりましたね。。。駐車監視員。
2006/06/01
駐車監視員ってどうなんだろう。。。
疑問に思う点と、いいと思う点がある。


いいと思う点は、
交通の妨げにならない。スッキリしていいと思う。邪魔な車があったりすると困るから…。歩く私は個人的には賛成!!だけど、車を乗る私は反対…。別に他の車両や人が邪魔!って思うようなことはしないつもりけど、やっぱり切符を切られるのは嫌だから…とまぁ、自己中な話なんだけど…。


そして、疑問に思う点、
NEWSで言ってたんだけど、郵便局のゆうパックの車はどこでも止められる許可のものをもらっていて、どうして他の宅配の車には許可がでていないのか??だったら、ゆうぱっくのサービスをFreeにしてよ!って思う。ちょっと極端かもしれないけど、やっぱりこれはフェアじゃないでしょ?一生懸命働いている人がいるのに、その人がいなければ成り立たなかったりするのに、どうしてこうもフェアじゃないの?そういうところ、嫌い…。


お蕎麦屋さんの出前だって、なくてはならない人だっている。寝たきりのお年寄りや家から出れなくて「お蕎麦が食べたい」っていう人の為に出前だってあるということを忘れてもらっては困る。私達がよく愛用する便利なコンビニだって、都会にいけば駐車場がないところなんでザラ。ただ、荷物を運んでるだけなのに違反をとられる。こんな理不尽な話ってない。


昨日『医龍』をみたせいでもあるけれど、例えば、誰かが発作で倒れて近くで車に乗っていた医師がいるとする。その医師は助けるために本来、車を止めてはいけない場所に止めて、その人の応急処置をした。その間に駐車違反の切符を取られた。そういう事だって起りうる。なんでも、便利になる反面、困ることだってでてくる。何か新しいことを取り入れるというのは中々難しいことだけど、色んなシチュエーションを考えて考慮して法律を改定してほしいと思う。


車を取り締まるなら、歩道に置いているあの自転車たちを取り締まるべき!車椅子の人や、目の不自由な方に迷惑がかかっているあの自転車たち。あれだって、迷惑!結局、何でも順繰り順繰り周ってるだけなんだけど…。
この記事のURL | NEWS | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。